Legal News

リーガルニュース

オンライン法律相談ができる「LAW TALK」 将来的には登録弁護士にも課金

 

skypeによるオンラインチャットで弁護士に法律相談できるサービス、「LAW TALK」が8月にローンチされていた。

image

相談はskypeを使用し、決済はpaypalで行う。料金は30分3218円(税込)。一般的な法律相談の相場とされる30分5000円よりも安価だ。相談した弁護士に、そのまま法律事務を委任することもできる。

現在は、利用者のみから課金するシステムだが、将来的には弁護士からも登録料金を徴収することを視野に入れているという。

 

 「…今は試行期間なので無料だが、登録弁護士には5000~1万円の月会費を設定する。現在東京圏を中心に27人の弁護士が登録され、今後全国へと広げていく。登録弁護士は当サービスに賛同した30~40代の若手がほとんどだ」(宮本裕天弁護士)

 

 

「法律事務」を仲介して課金するサービスは、常に弁護士法72条の問題がつきまとう。

 

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)

第72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

 

しかし「LAW TALK」は、運用会社が弁護士法人オーエムパートナーズとなっているため、問題がないと判断されているのだと考えられる。

現在登録されている弁護士には、浅野健太郎・酒井将代表を筆頭に、ベリーベスト法律事務所に所属している人が多い。

オンライン完結型の有料法律相談は今後定着するのか、興味深いところだ。


 - サービス

  関連記事

Page top